人気ブログランキング |

2010年 09月 02日 ( 1 )


ふろく・・・その229   環境講演会

◎ 「日本の森の現状と奥山保全トラスト」  講師 ・ 森山まり子氏(熊森協会会長)   
                        
生徒たちと絶滅寸前の兵庫県ツキノワグマの保護に立ち上がったことから、
祖先が残してくれた豊かな森を失い日本文明が滅びようとしていることに気付く。
クマの棲む最高に豊かな森を、子や孫、そして全生物に残すため、奔走している。

b0105374_6145323.jpg

エネルギュシュなお話に引き込まれました。  8/29安城シティホテルにて
         
万一、臨界内でクマに出会ってしまったら?
●あわててはいけない!
  彼らが、理由なく襲ってくることはないから、落ち着いて、
  そのままの姿勢で静かにあとずさりし臨界の外へ出よう。
  もし、クマがあなたの存在に気づかずに近づいてくるような場合では・・・
  近くの両手でつかめる細い木に登り、大きくゆすりながら、
  大声でヤッホーと叫ぶといい。
  たとえ子づれのクマであっても、驚いて藪の中へ逃げ込んでいくだろう。

  もし、出会いの瞬間に目が合ってしまったら・・・
  つとめてやさしい目で、やさしく語りかけながら、クマから目を離さず、
  リュックなどの持ち物を肩から下ろしながら、あとずさりする。
  やさしい目でいると、クマの心がやわらげられるだけでなく、
  こうすることで自分も落ち着きを取り戻せるからだ。
  クマは目を大きく開き、鋭いまなざしになっているかもしれないが、
  怒っているわけではないから、つられてはいけない。
  頭を下げて上目づかいにならない限り、襲ってはこない。
  決して大声をはりあげたりしてはならない。               資料より 

by naka2110 | 2010-09-02 06:22 | ふろく
line

「井畑花の道サークル」の活動や作業の様子を写真で紹介&最近撮ったお気に入りの写真


by naka2110
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30